自己破産とは

更に債務整理には自己破産というものがあります。みなさんの借金が最悪状態でにっちもさっちも行かないという場合、このような債務整理の方法を選択します。それは、多重債務者に陥った債務者を守るための法律であり、裁判所から債務を免責してもらうことで、支払い義務を免除してもらうことが出来ます。債務者の最終手段と考えてください。

病気などで無職になってしまって支払いの目途が立たないという人たちは、自己破産を結果選択しなければならないでしょう。他の債務整理で解決できないから自己破産に至ることになります。自己破産のメリットは、それをすれば、借金の支払い義務はなくなり、利用条件さえ満たせば誰でも意外と簡単にできる方法なのです。

しかし、自己破産にはいろいろな制約もあるのでちょっと注意をしなければなりません。信用情報に事故情報が5~10年残ることになります。クルマや家、生命保険の解約返戻金と言った20万円以上の財産は原則処分されることになります。

職業・資格制限があり、 国が発行している官報という機関紙の「破産・再生欄」に記載されてしまうことになります。そして、自己破産をすることで、旅行など制限されるケースがあるようです。