自己破産とは

更に債務整理には自己破産というものがあります。みなさんの借金が最悪状態でにっちもさっちも行かないという場合、このような債務整理の方法を選択します。それは、多重債務者に陥った債務者を守るための法律であり、裁判所から債務を免責してもらうことで、支払い義務を免除してもらうことが出来ます。債務者の最終手段と考えてください。

病気などで無職になってしまって支払いの目途が立たないという人たちは、自己破産を結果選択しなければならないでしょう。他の債務整理で解決できないから自己破産に至ることになります。自己破産のメリットは、それをすれば、借金の支払い義務はなくなり、利用条件さえ満たせば誰でも意外と簡単にできる方法なのです。

しかし、自己破産にはいろいろな制約もあるのでちょっと注意をしなければなりません。信用情報に事故情報が5~10年残ることになります。クルマや家、生命保険の解約返戻金と言った20万円以上の財産は原則処分されることになります。

職業・資格制限があり、 国が発行している官報という機関紙の「破産・再生欄」に記載されてしまうことになります。そして、自己破産をすることで、旅行など制限されるケースがあるようです。

個人再生特定調停

任意整理だけが債務整理の方法ではありません。あなたには、任意整理は向いてないかもしれません。そのとき、特定調停、個人再生、自己破産などの方法を更に考えていくことになります。

簡易裁判所に仲裁してもらって、返済条件を見直してもらうものが、特定調停です。そして個人再生は、具体的な再生計画案を提出し、裁判所に認めてもらうことであり、自己破産の場合は、 破産申告をして借金を免除してもらう方法を言います。

個人再生(個人民事再生・民事再生)は、 借金総額の20%か、100万円の額が大きい方を、3年間で返済する計画を作っていきます。住宅ローンを返済しながら借金整理をしたい人たちなどにおすすめできる方法です。
任意整理はちょっと難しいけど、自己破産にまでは至らないという人たちは一度この方法をお考えください。

しかし、個人再生でも信用情報に事故情報が5~10年残ることになります。そして、住宅ローンを持っている場合には、それを減額することが出来ません。なかなか個人でするのも大変なのでやっぱり専門家にお願いすることをオススメします。

更に、特定調停は、 裁判所が中に入り、消費者金融と交渉をして、金利の引き直しや返済額の減額をすることであり3年前後で支払いを終了させる必要があります。他の債務整理に比べ、手続きが比較的簡単です。 ただし、ここでも信用情報に事故情報が5年残ることになります。

任意整理のメリット

任意整理の場合、今後も支払いをし続けて行く必要があるので、ある程度、収入がなければ任意整理の方法へもっていくことができないのです。そして、少額をダラダラと長い期間支払いをすれば良い、ということでもなくて、ある決められた期間にしっかり支払いができる見込みもたてる必要があります。

任意整理にはいろいろメリットがあります。任意整理は自由度が高い方法なので、あの消費者金融はそのまま支払いをして、この消費者金融は任意整理をしようというランダムな選択もできてしまうのです。

そして、任意整理を弁護士、司法書士にお願いすれば、今まで散々悩まされていた消費者金融からの督促の電話をストップさせることが出来ます。電話がしずまるだけでもかなりストレスは解消できるはずです。

しかし任意整理にもデメリットがあります。任意整理による完済から5年は、新しい借入が困難となります。しかし、債務整理は債務整理なのですから、この程度のシバリがあったとしても我慢をしなければならない問題なのかもしれません。 しかし、デメリットがかなり少ないとも言えるのではないでしょうか。借金をずっとし続けてしまった人たちは、この程度の借りないための対策も必要なはずですし。

参照サイト・・・・債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所
債務整理や任意整理の対応をしている法律事務所のサイトです。

借金が返済できない

借金を多く抱えてしまった人たちは、何かいい方法はないかと、いろいろインターネットで情報を収集して、任意整理という言葉をきっと見付けるでしょう。

任意整理……、その言葉は、返済が一杯一杯のあなたを救ってくれるキーワードなのでしょうか。任意整理とは、お金の支払いを整理する方法の一つと考えてください。他に整理する方法として、自己破産、個人再生、特定調停があります。そして、このようなものを全部含めて債務整理といいます。

任意整理の場合は、基本、消費者金融に対して返済自体は続けていくことになります。ただし、今までの形のままで支払いを続けるということではなくて、利息や遅延損害金といったものをカットして、借り入れした元金だけの支払いまたは、それに近い金額で支払いを続行していくスタイルです。

任意整理をすることで、きっと随分支払いやすくなるはずです。消費者金融との交渉次第ですが、毎月の支払い金額を低くしたり、支払いの月日を長くしたりすることもできます。

他のいろいろある債務整理とは違い、任意整理の場合は、裁判所が介入する方法ではありません。非常に、簡単にこのような契約変更が行うことが出来ます。そして、任意整理の場合、併用して過払い返還請求を利用することもでき、結局、このような方法によって、全然支払いをしないで完済してしまうケースもあるようです。

果たして、他の債務整理ではなくて任意整理できる人たちはどのような人たちなのでしょうか。